エイズ検査は定期的に|自分とパートナーを守ろう

ドクター

若い人に増えている

先生

若い世代で流行している性病があります。それは「クラミジア」です。クラミジアは性病の中でも感染者が多いと言われています。特に、女子高生や20代女性の間では、クラミジアの感染者が年々増加傾向にあります。クラミジアに感染している知るためには、性病検査が必要です。

クラミジアの症状は女性と男性では異なってきます。女性の場合は、おりものが多くなったり、下腹部に痛みを覚えたりします。女性の場合は自覚症状が現れない人もいるので、注意しましょう。クラミジアの症状が進行することによって、卵管炎になったり、子宮内膜炎を引き起こしたりするからです。そうなると、不妊になるリスクが高くなるので、定期的に性病検査を受けましょう。
男性の場合は女性と違い、排尿時に痛みが発生したり、膿が出たりします。女性に比べ男性の場合は自覚症状に気づきやすいですが、治療を受けないままだと男性の場合でも、腎炎や前立腺炎に発展することになるので、早めに性病検査を受けましょう。

クラミジアは、抗生物質と抗菌剤を使用した治療となります。治療期間は症状によって変わってきますが、通常は2週間程度で完治となります。ただし、治療を途中で止めてしまうと症状が悪化する恐れがありますし、完治したと思っても菌が残っている場合があります。そのため、自分の判断で治療を止めないようにしましょう。性病検査でクラミジアの感染が判明しても完治ができる性病なので、早めに性病検査を受けましょう。

Copyright© 2016 エイズ検査は定期的に|自分とパートナーを守ろう All Rights Reserved.