エイズ検査は定期的に|自分とパートナーを守ろう

ドクター

早期発見が大切となる

女医

Human Immunodeficiency Virusを略してHIVと言います。HIVは感染ウィルスです。人間の体は細胞でできていますが、細胞の中でも私達の健康を維持しているTリンパ球やCDS4陽性細胞などがHIVに感染することで免疫力が低下します。HIVは2種類に分けることができ、HIVに1型とHIVに2型に分かれます。

HIVに感染することで免疫力が低下するので、これまではかからなかった病気にかかりやすくなります。残念ながら現代の医療技術を用いても、HIVを治すことは不可能です。ですが、治療を受けることでこれまでと変わらない生活を送ることができるので、以前に比べてHIVは恐い病気ではなくなりました。

HIVが発見された1980年代は、新種の病気だったので命を落とす人も少なくありませんでした。現代の治療法としては、主に薬を服用する治療となります。CD4の数値がある一定まで下がった段階で治療が開始されます。発見が遅れれば遅れるほど、エイズ発症のリスクが高くなるので、HIV検査が大切なのです。

HIVはHIV検査でしか調べることができません。初期症状はあっても、風邪やインフルエンザの症状と似ているため、見落とす人が多いのも現状です。HIVの感染経路は主に性的接触によるものです。そのため、危険な行為による不安がある人は、早急にHIV検査を受けましょう。
HIV感染を放置したままだと、最悪のケースを招く事態となってしまいます。HIV検査を受けましょう、例え、陽性であったとしても適切な治療を受けることで、これまでと変わらない生活を送ることができるのです。

Copyright© 2016 エイズ検査は定期的に|自分とパートナーを守ろう All Rights Reserved.